2019年4月26日茨城県内県立高校の先生方10名で飯島 アクアポニクス視察!

一見してなんの変哲もない施設だが1つ1つにハイテク技術が込められていて素晴らしい!という声がありました。

また、お金をかけないで考えながらものつくりをしているところに大きな意義があると言ってくださいました。

アクアポニクスの水耕土耕栽培(特許取得済み)でジャガイモができました。七味唐辛子のもとになる江戸野菜筑波八ツ房唐辛子を種子を自家採取し苗を育てました。

七福来七味とうがらしプルシェつくばキュート店でも販売できるようになりました。

見学希望者さんへのお願い!飯島 アクアポニクスは6次産業化も行っており大変忙しいです。個人での希望と会社関係の見学は廃止いたします。学生は学業の関係上3人(小学生に限り親子連れ2人)以上、団体は5人以上と制限いたします。また、団体様でも、6次産品をお買い上げくだされば見学させますが、お土産を持ってきて終わりにしてしまう団体様が多いので困っています。どうか、見学に来る方はこちらの意向を組んでいただきたいと思います。どうか、私共も仕事があるということを忘れないでいただきたいと思います。。以上のように見学者を大幅に絞らせていただきます。また、こちらの意向に反してお土産をもってきた場合、その場で断らせていただきます。電話でしつこいお客さんに対しては警察に通報することになりました。

2019年栽培ベッドで新しいものを栽培します。そこから商品開発をしていこうと思います。

飯島 アクアポニクスは「食料」「環境」「健康」「バイオマスエネルギー」について考え、「緑と命を科学する」をモットーに活動していきます。

また、「動物と植物の自然共生」大切にしていくと同時に「食の安心安全」を唱える自然のエネルギーをふんだんに生かした省エネな「未来型養殖施設」を完成させ、将来訪れるであろう食糧難に対応していくとともに、学生にアクアポニクスを勉強する場を提供し底辺の意識を変えることにより新しい農業を施行していきます。大規模農家だけでなく、中小農家の生き残りを模索していきます。大切なのは、資金のある大企業でなく、身近にいる資金のない農民や家庭に夢を与えること、子供たちに資金がなくとも考えた事業を展開することが大切なことを教え、コツコツ努力していけばその努力が生かされるそういう社会作りに貢献していきます。すなわち、食こそ生きていく糧であるということを提唱していきます。

 

ついに完成!次世代型アクアポニクス!4月最新情報!

ついに最新式の陸上養殖施設を開発した。アクアポニクスの理念は、もともと自然共生と省エネ、循環式、をうたったものですから、自然のものをふんだんに取り入れ人口エネルギーを一切使用しないという、すべてエネルギーは自然からを開発いたしました。今まで農薬を使わない6次産業をうたっていましたがそれに省エネを加えた七次産業の開発に成功しました。この施設であれば水のない地域でもアクアポニクスが展開できると確信しています。

 

2019年4月26日土浦第一高校の松本先生をはじめ県内16校のの県立高校の先生が見学に来ます。県立高校でもアクアポニクスに興味を持ち始めたようです。特に当アクアポニクスが筑波高校や並木中等教育学校と筑波の中で取り組んでいることに共感を感じたようです。僕の理想は産・官・学連携で地域商標を取ることです。また、循環農業を広め、耕作放棄地や高齢者にとっても住みよいまちづくりにアクアポニクスが役に立ってくれたらうれしいものです。

中東にある会社からご迷惑をおかけしないのでイラクに来てほしいと特盛様から依頼がありました。まだまだやることがあり大変なのですがお話だけ聞いてみようと思います。

茨城県立筑波高等学校でアクアポニクスやアクアポニクスでできた江戸野菜筑波八ツ房唐辛子と筑波山周辺でできる直径3cmの可愛い縁起の良い名前の福来ミカンを調合した唐辛子を作るのに福来ミカンの皮向きや福来ミカンのバッグを実習で作っていただきました。みんなチームワークがよく頑張ったので記念写真を先生と一緒に取りました。私の忘れない子供たちになりそうです。

昨年七福来が茨城デザインセレクションに認定され、今年も笠間工芸の丘で展示・販売していただきました。

2019年2月17日つくば市でも牛久市に近いところにお寿司屋さんが開店します。そこの水槽で飯島アクアポニクスのチョウザメを飼育・鑑賞していただきながらその水槽をアクアポニクスにします。そこで飯島アクアポニクスでできた七味唐辛子を販売してくれると同時に使用してくれることになり開店の日も招待されました。

2019年3月26日日本水産学会大講演会場での講演・討論会に出席します。題名は「アクアポニクスから生まれた6次産業」です。

来年度は素晴らしいテーマで水産学会での発表を試みたいと思います。

東京海洋大学で3月26日講演依頼されました。題名は「アクアポニクスと6次産業化」です。

浅間山を見ながら群馬県嬬恋村の地域おこしに関わり1月に1回ではありますが調理講習会やチョウザメの指導に携わっております。

ブラジルアフテカ市でアクアポニクスを広めたいと中島さんに依頼され一緒に水戸からいっていた石川さんご夫妻がアクアポニクスの普及を頼まれ飯島 アクアポニクスを来訪してくれました。

江戸時代の唐辛子を種から発芽させ育苗・無農薬で育てた筑波八ツ房唐辛子と筑波山周辺でしかできないフクレミカンの陳皮を使用した風味の良い唐辛子です。

平成30年に上記の唐辛子が茨城デザインセレクションに選定されるとともにつくばコレクションに認定され、只今銀座のアンテナショップイバラキセンスで販売されるに至りました。

嬬恋村で日本分析センターの力をお貸しいただき分析を行った結果、途中経過ではあるが素晴らしいものが出てきています。来年春の日本水産学会でこの結果を発表する予定です。

上記のNHK取材班の方のおかげで2018年6月20日おはよう日本で放映され、翌21日のいば6で再放送されとても視聴率が良かったので海外NHKBSで放送され5か国からオフアーがありました。今依頼受けている国もありますが、嬬恋の地域おこしの後にしようと思っています。

写真のNHK取材班のおかげで2018年6月20日NHKおはよう日本で取り上げられ、次の日のいば6でもほうそうされました。視聴率がよかったので、BSNHK海外ニュースでも取り上げられ5か国からのオファーが来て現在交渉中です。

つくばで開催された世界湖沼会議に展示しました。かなりの方が見に来てくれました。大きかったのはモンゴル政府がチョウザメの事業をしており共同研究の筑波大を盾に共同事業をしてゆこうと相談があったこと。またこの方がたまたま、国連で発表する機会があるのでモンゴル枠の中でこの事業を発表したいという連絡がありました。

飯島 アクアポニクスは今まで見学を重視してきましたが、見学に無駄な時間をかけることができないほど仕事が増量しています。したがって10月10日より来年の10月9日まで見学を中止することといたしました。ただし、つくば市内やその近隣地域の小・中学生・高校生は受け入れたいと思います。また、情報番組・マスメディアはお受けします。どうぞご了承ください。

本日も、つくば茗渓学園より見学に来てくれました。陸上養殖のレポートを書くみたいです。

7月30日つくばの並木中等教育学校より視察に来てくれました。研究学園から来てくれたのは初めて!アクアポニクスでできたトマトとスイカをごちそうしました。おいしいと言って食べてくれました。将来、つくばには何があるのと言ったらアクアポニクスと答えてね!と冗談でいったらうなづいてくれました。本当に有意義な時間でした。並木中等教育学校3年生のの皆さんありがとうございました。

アクアポニクスは、地域の豊かな自然環境を活かし、保全しつつ省エネルギーの状態を保ちながら、安全・安心な食を提供するシステムである。6次産業に加えて、自然環境にも負荷が小さい要素を加えた7次産業として代表の飯島は提唱しています。

6月20日にNHKで放送されました。おはよう日本首都圏版での私たちの映像が英語訳されて世界で放送されることになりました。うれしい誤算です。

の間のNHKの反響はとても大きく毎日たくさんのメールやお電話誠にありがとうございます。したがって多くの見学希望者も出ておりますが、私もいろいろな仕事があり対応することが困難であることも確かです。大変申し訳ございませんが見学はしばらくの間中止させていただきます。誠に勝手なお願いですがどうぞお察しくださいませ。

飯島アクアポニクスのHPへようこそ!

5月7日付で「日本が誇るビジネス大賞」の表紙を私どもの商品が飾りました。

日本農業新聞3月10日号全国版子供向けにインタビュー方式や漫画を交え分かりやすくアクアポニクスが掲載されています。

日本農業新聞3月16日号全国版に掲載日子供向け版の漫画の部分です。

ミスター・パートナー出版部から3月7日発売された2018年度版注目情報はこれだ!

そのアイデアが面白い!今話題のアイテム&サービス。常に新しいものをもとめて他にないオンリーワンを生み出す。の227ページに掲載されています。

飯島アクアポニクスは群馬県嬬恋村にて地域活性化の起爆剤となるようにと頼まれついに8月21日(月)大安にチョウザメの放流式を行いました。自治体に頼まれる団体は異例中の異例だと思います。無事放流が行われ、稚魚100匹と3年物3kg11匹を入れました。生涯の思い出となることでしょう。

中学生の時アクアポニクスを見学に来てくれ、アクアポニクスの研究で流山市長賞を獲得した齊藤君。また見学に来てくれました。嬉しいことです。水耕栽培でジャガイモ・スイカ・メロンが出来ていることに関心を寄せてくれました。今年は全国高校生大会生物の部で千葉県代表として石巻で行われた大会に出場、みごと全国高校生の部生物部門第1位に輝いたという報告を受けました。たいしたものです。これで6人目の水産関係の大学にはいる子が登場しました。得意分野は微生物のけんきゅうだそうです。背後は巨大化したクウシンサイ!ジャングル化しています。糖度10のミニトマトとクウシンサイ・万願寺とうがらしをつみとりたいけんしていただきました。ミニトマトすごくおいしいと好評でした。こらからも頑張って頂きたいと思います。

チョウザメ・アクアポニックスシステムで収穫された作物
チョウザメ・アクアポニックスシステムで収穫された作物

  築100年を超える古民家

  つくば市国松 飯島家 ではこの度!

 「筑波国松米」をはじめとして、水耕で育てた野菜の苗、そして 筑波山麓 の農産物や加工品その他を日本全国に向けて発信すべく、ホームページを新たに立ち上げました。当古民家には愛嬌のある猫たちが常時10匹程度(+新たな2匹)、自然とともに伸び伸びとのんびりと暮らしております。屋敷内には漆喰(しっくい)の塀、大きな門構え、土蔵、そして母屋と・・・これらには長い歴史を彷彿とさせる雰囲気が感じられます。

6月19日アクポニで黒いスイカと米ナスとズッキーニと万願寺とうがらしとキュウリが採れました。日照りに強いところを見せています。水に感謝です。雨が続く日でもビニールハウスがあるのでよけられます。草取りなど骨の折れる仕事はする必要がありません。

6月17日アクアポニクスでできたスイカを食べました。

甘くておいしかったです。

 

6月30日肉厚なピーマンが1本の木から収穫されました。アクアポニクスならでは日照りに強い。

チョウザメのウロコを使用したネックレス。記念に作りました。

土浦市立都和南小学校でアクアポニクスの事業を行いました。魚と野菜の関係について説明しました。チョウザメのことについても説明致しました。クウシンサイの炒めものを先生と子供達と作り食しました。大変楽しい時間が持てました。

長野県から小学校新聞にアクアポニクスを掲載するために取材に来てくれました。わざわざ御苦労さまでした。

9月29日商品陳列の授業を県主催で水戸で行われます。これに出席します。

平成29年11月1日茨城デザインセレクション選定受賞。同Ⅰ1月16日授賞式。

交流会。

平成29年12月2日第5回科学のジュニア甲子園全国大会 エキシビジョン出展に出ます。

つくばの研究機関に交じって民間団体としては快挙!

過去の優勝校:H25年滋賀県代表:滋賀大学教育学部付属中学校、栗東市立葉山中学校・H26年茨城県代表:並木中等教育学校:H27年:富山県代表:黒部市立高志野中学校 他3校:H28群馬県代表前橋市立第三中学校、伊勢崎市立四ツ葉学園中等学校です。

皆さんにアクアポニクスを知って頂きたいと思います。

 

Ⅰ1月16日茨城デザインセレクション選定に選ばれ賞状を頂きました。

記念に成ります。

筑波八ツ房唐辛子と筑波福来ミカンとの地域性を重視した七味とがらしと塩七味と真ん中に瓶詰めの江戸野菜筑波八ツ房唐辛子をせっとにしました。唐辛子を料理に使って頂きから瓶の中に唐辛子を入れて貰う。

という趣旨で作りました。審査員からは昔から東の筑波、西の富士と言われそこに「開運」という文字をつかった地域性を感じさせるとてもいい商品であると評価されました

水槽にチョウザメいれて横から見て貰った。みんな喜んでくれた。また、僕たちの特許で作ったミニトマト甘くて大好評花がたくさんついているのでこれからが楽しみです。

9月29日商談会の展示を県庁主催で学んできました。

6月7日~9日にかけて上野駅構内で茨城マルシェひよっこに出展致します。水耕栽培でできた筑波八ツ房とうがらし(東京内藤とうがらしリーダー成田様バックアップ)地元の福来れみかんを調合した七味とうがらし(七福来)販売致します。マヨネーズと七福来をあえて食するものにつけて食べるとおいしさ倍増致します。また、塩・七味は焼き魚にかけたり、胡瓜の浅漬けにかけたり、そのままおにぎりに握って食べても良い万能調味料です。

2019年6月14日

万願寺とうがらしとズッキーニが収穫出来ました。

新しい特許技術のおかげで野菜購買しなくても良いので家計が助かります。

雨が降らず畑でやっている農家さんは水かけに大変です。

その点水耕栽培なので水かけは心配なく草取りをする必要もないので楽です。

2017年

5月

16日

アクアポニクスでじゃがいもができました

アクアポニクスでじゃがいもが採れました。
新しい栽培方式を使ったはじめてのじゃがいもです。チョウザメから作ったじゃがいもは日本初、世界でも初めてではないかと思います。これで、主食も生産できるようになりました。おいしかったですよ!!

1 コメント

2017年

1月

16日

イベントや商品のお知らせ

平成29年3月25日旨いもんフェア―で知り合ったバイヤーさんから4件はいってきてくれた。七福来(七味唐辛子・江戸野菜八房とうがらし使用)人気急上昇・各方面から食べておいしい・風味が良い等の反響がありました。

続きを読む 0 コメント

2017年

1月

12日

トップページを更新しました!

トップページに記載していた以前の情報はこちら↓↓↓

2016年 過去ログ

2015年 過去ログ1

2015年 過去ログ2

0 コメント

アクアポニクス土耕は、アクアポニクスを使った新たな栽培法のシステムです。私達が根域制限メディアベッドと命名したシステム(特6053088号)を使って、もみがら堆肥など複数の有機質をアクアポニクスと併用しながら植物を健康に育てるシステムです。

 アクアポニクス土耕を利用することで有機栽培の施肥技術、肥料生産技術、病虫害防除技術、品質のより他州栽培技術を効果的に活用出来るようになり生産システムとしてのアクアポニクスの有用性を高めることに成功致しました。また、ジャガイモなど主食となるイモ類の生産も良好にできるようになり、自給的な菜園としてのアクアポニクスの生産の多様性も大きく広がりました。皆様の楽しみが広がればと思っています。アクアポニクス土耕で育てたイチゴは、従来のアクアポニクスに比べて、安定して果実を収穫できます。糖度も高く長期間収穫することが出来ています。

最新情報 What's New!

平成二九年四月一三日七福来の注文が口コミで入りました。結婚式の引き出物に使用するとのことです。

水耕栽培でできた無農薬の江戸野菜内藤とうがらしと筑波山名産ふくれミカンでできた七味とうがらし「七福来」が売れてきました。

 

七福来、二回目の結婚式引き出物に採用が決定しました。四月二七日にお届けいたします。

 

 

 

五月一六日午後はるばる金沢からアイトラストさん三名で訪問決定!

平成29年5月12日 アクアポニクス水耕栽培でジャガイモが出来た。筑波大生と一緒にお食事会。とても美味しかった。日本初か!! または世界初か!! 

まだ、イチゴが絶好調になり続けています。企業家へのてがかりに!

アクアポニクスで出来たとうがらしの加工品がオピニオン誌で紹介されました。

JOYO ARKです。

福来が取り上げられました。表紙に成りました。表紙に成りました。joyo ARK 県庁はじめ各市町村の窓口に配布されます。(アクアポニクスで育てた江戸伝統野菜のとうがらしで作ったとうがらしの加工品)

以上対談の様子が巻頭記事に掲載されました。アクアポニクスも紹介されています。上記の七福来ギフトboxはTXつくば駅で販売しています。銀座マルシェには瓶の中身が一味とうがらしの七福来ギフトboxを販売しています。単品はララガーデンつくばわくわく広場に置いてあります。

2018年11月18日茨城デザインセレクションに選定されました。

2018年12月2日全国科学ジュニア甲子園がつくばで開催されミニチュア版アクアポニクスを模擬出展しその中にチョウザメを泳がせて全国の中学生にチョウザメを触って頂きました。

2018年サンシャイン池袋で商談会に出席。

七味唐辛子セットは東北旬菜便にけいさいされています。有楽町マルシェにもおいてあります。

つくばデザインコレクションに七福来ギフトboxで認証されつくば市役所で市長から認証状が渡され市長と記念写真を撮りました。

次の日表彰式の模様が茨城新聞に掲載されました。

茨城デザインコレクション2017選定の記事が日本農業新聞に掲載されました。


飯島アクアポ二クス

(エコファーム飯島)

営業時間

平日 6:00~20:00

土日 6:00~20:00

 

定休日

不定

 

お問い合わせ

TEL: 029-866-0957

FAX: 029-866-0957

 

お問合せはこちら