2010年4月8日 耕作放棄地をなくすこと。つくばに特産品がないことに目をつけ筑波科学万博の時にすでに成功していたチョウザメの孵化に目をつけた。そこで耕作放棄地に生け簀を作りチョウザメを飼育することにした。そして1口5万円で賛同者を集うことから始めた。2010年5月10日より地下水を掘削し始めた。最初はボーリングで始まったが20m掘ったところで筑波山の硬い岩盤に当たり1次断念。7月10日栃木県黒磯より温泉を掘り当てる掘削業者を招き地下62mまで掘り下げたがまたも硬い岩盤に突き当たった。ここで掘るのを辞め水に不安があったがこの年9月10日チョウザメ20匹を試験的に放流した。2週間状態を見たが問題がなかったので9月25日つくば副市長をはじめとし賛同者・関係者を自宅に集めチョウザメの放流式を行った。その様子がつくば市役所のモニターで紹介された。

2011年3月東日本大震災せっかく掘った井戸水が枯渇するという非常の事態を招いた。ここでまた養殖を断念するかどうかをせまられた。しかし、特産品を作るためにみんなが出資してくれたのを思うと断念することは出来なかった。そこで考え出したのが水替えの少ない養殖であった。私は、もともと野菜の水耕栽培に興味を持っていました。そこで養魚水を野菜の力を借りて浄化しプールに反して再利用するということだった。つまり、養殖と水耕栽培を合わせたアクアポニクスであった。これは欧米でも盛んに行われている循環型農法である。さて、水耕栽培するにあたってあっている作物探しが始まった。冬はクレソン・せり・ミツバがあっていることがわかった。夏は意外にとうがらしがあっていた。また、日本水大賞にも応募し最後の激戦までいった。賞はのがしたものの審査員から4つのおほめの言葉を頂きました。今では日本水大賞の登録団体に登録されています。また、夏の作物がどんなものが向いているかを探しに同じ水大賞でその前に優勝した岐阜県の恵那農業を訪ね秋川ダムを見学してきました。恵那市はリニアモーターカーが止まる駅として発展している市であった。そこで1つの水質浄化作物とであったのである。この作物タイをはじめとする東南アジアの湖上でそだてられている食用作物であった。豆板醤といためてたべるとすごいおいしかった。

飯島アクアポ二クス

(エコファーム飯島)

営業時間

平日 6:00~20:00

土日 6:00~20:00

 

定休日

不定

 

お問い合わせ

TEL: 029-866-0957

FAX: 029-866-0957

 

お問合せはこちら